廊下の夢は何を意味している?

廊下の夢は何を意味している?

夢占いにおいて、廊下は今後自分が進んでいく道そのものの象徴となります。現実においても廊下は目的地ではなく、途中の過程にすぎません。また、廊下の状態がどのようなものであったかによって、結果が変わります。

 


廊下の夢は今後の道のりや変化などを意味している


普段の生活において、建物の廊下が目的地だということは滅多にありません。

夢占いにおいて廊下は、目的地には辿り着いていない、その中間段階にあることを暗示しているのです。

 


長い廊下が続いている夢は目的地がまだ遠いことの表れ


長い廊下が延々と続いている夢の場合、自分の目的とする場所には、まだまだ遠いことが示唆されていると言えます。

 


薄暗い廊下の夢は目的を見失っている状態


廊下が薄暗く、先が見えないという夢の場合は、目的を見失っていてなかなか辿り着けないということかもしれません。

 


広く明るい廊下を歩いていたら吉夢


逆に、広く明るい廊下を歩いていた場合は、現実の世界でも自分が今後どこに進むかは明確であり、迷いがないことを示していると言えるでしょう。

 

関連の夢

#階段の夢 #道の夢 #建物の夢 #家の夢

 

あなたは他にどんな夢を見ましたか?


さちこい夢イメージ研究会

author:さちこい夢イメージ研究会

視覚イメージと心理の関連や、古典的な夢占いなど世界中の文献から、夢の意味や暗示、夢占いなどを研究しているグループ。精...
みんなにもさちこいの占いを
シェアしてね!

目的から占いを探す