恋愛に悩む女性の無料占い・コラム

  • ホーム
  • 無料占い

  • 出会い占い|独身生活にピリオド!あなたを待っている運命の相手

出会い占い|独身生活にピリオド!あなたを待っている運命の相手

▼下にスクロールして占い結果を見る▼

今のあなたにおすすめの記事はこちら
»乙女座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢

まだ会ったことがない運命の人。その人は間違いなく世界のどこかにいるのです。さあ、出会うための心の準備をしておきましょう。

どんな人があなたの運命の人にふさわしいのでしょうか?

あなたは人生をともすればネガティブに困難なものと考える傾向があります。それはいろいろなことを真剣に捉え、真面目に考え過ぎるからかもしれません。そんなあなたにふさわしい「運命の人」は、まずはあなたに安心と信頼を与えてくれる人です。

 

社会的に安定した人、嘘のない誠実な人なら、あなたの将来をしっかりサポートしてくれるはずです。また知性的な人、周囲の人に頼られている人なら、あなたは心からその人を尊敬し、心を添わせることができるでしょう。

運命の人との出会いのきっかけはどのようなものでしょう?

あなたの「運命の人」は、多分あなたにもすぐ見つけることができるはずです。人の大勢集まるパーティーや会社の集まり、友達と過ごす週末のバーに積極的に足を運んでみてください。身なりのきちんとした人。将来のビジョンがあり、野心的な人。

 

そのような人を見つけたら、あなたの「運命の人」に違いありません。もしそのような勇気がないのなら、親しい人から紹介してもらうのもいいかもしれません。安心できる出会いが用意されているはずです。

運命の人を手に入れる方法は?

あなたは責任感もあり、しっかりした人間性を持っています。きっとあなたに好意を寄せている人は少なくないはずです。またあなたは年上の人にかわいがられる傾向があります。そういった人たちと交流を持つことで、思いがけない出会いがあるかもしれません。

 

だからいつも、自分を美しく、魅力的に見せる準備をしておくことは大切です。また未来を恐れるのではなく、未来に挑戦する気持ちを持つことで、あなたの魅力は一層高まっていくことでしょう。

オフェリア・麗のアストロロジーメッセージ

あなたはパートナーを求める気持ちがとても強い人です。未来に対する不安や心配だけでなく、自分自身の力で道を切り開いていくことに恐れをなしているのかもしれません。それはそれで構わないのです。人を頼る気持ちがあればこそ、人を大切にし、人との関係を豊かにすることにもなるのです。

 

もし問題があるとすれば、あなたは人を頼るくせにその実、人を信頼していないことではないでしょうか。あなたは人を見る目がある人です。だからこそ、あなたは様々な人の短所に目が入ってしまうのでしょう。

 

しかし、人の欠点ばかりを見ていては、あなたの「人を愛する気持ち」は育ってはいきません。本当に「運命の人」の存在を信じるなら、あなたの人生を全て、その人に委ねる覚悟が必要です。自分の人生をリセットする決心がついた時、あなたのもとに「運命の人」が出現するはずです。

もう一度この鑑定を占ってみる

▼次はこの記事を読んでみる?▼

【結婚】のおすすめ記事はこちら

乙女座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
獅子座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
蟹座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
双子座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
牡牛座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
牡羊座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢

恋の悩みにオススメの記事恋の悩みを解決♦オススメの記事恋の悩みにオススメの記事

現在進行形で恋に悩んでいるあなたにオススメ!「片思いを終わらせたい…」「あの人と結婚したいのに…」「誰にも話せない悩みがある」そんな女性に向けた記事を紹介します。
あなたに相応しい人…最後の恋をする相手とは?
出会い占い | あなたに相応しい人…最後の恋をする相手とは?
あの人で間違ってない?~熱視線の相手との恋愛~
恋愛占い | あの人で間違ってない?~熱視線の相手との恋愛~
恋愛トラブル回避! 二人の恋には何が待ち受けている?
恋愛占い | 恋愛トラブル回避! 二人の恋には何が待ち受けている?
彼氏ができない理由が知りたい!~真実の愛を見つける準備
恋愛占い | 彼氏ができない理由が知りたい!~真実の愛を見つける準備
恋の決着! あの人を想い続けるべき?、それとも忘れるべき?
恋愛占い | 恋の決着! あの人を想い続けるべき?、それとも忘れるべき?

この記事に関するキーワード

ページトップへPAGE TOP