恋愛に悩む女性の無料占い・コラム

  • ホーム
  • 無料占い

  • 出会い占い|私はいつか千年の恋と言える運命の人と出会うことができますか?

出会い占い|私はいつか千年の恋と言える運命の人と出会うことができますか?

▼下にスクロールして占い結果を見る▼

今のあなたにおすすめの記事はこちら
»乙女座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢

まだ会ったことがない運命の人。その人は間違いなく世界のどこかにいるのです。さあ、出会うための心の準備をしておきましょう。

どんな人があなたの運命の人にふさわしいのでしょうか?

純粋な想い」これはあなたの恋に必要な、大切なキーワードです。この想いは、誰にも汚すことはできません。だからあなたの「運命の人」は、この「純粋さ」をそのまま受け止めてくれる人のはずです。

 

そしてあなたの「運命の人」は、まるで嵐のように、慌ただしく毎日を生きていく人です。情熱に任せて突っ走る人、強引に欲しいのものを勝ち取る人。しかしきっとあなたなら、そんなアグレッシブな人を支え、愛し続けることができることでしょう。

運命の人との出会いのきっかけはどのようなものでしょう?

「運命の人」は体を動かすことが大好きです。早朝の公園やスポーツクラブでの出会いは、大いに期待できます。またはレストランやバーで、まるで子供のように無邪気に、自分の夢を語っている人。

 

とにかく「運命の人」は、自分の「好き」に夢中になる楽しい人なのでしょう。そんな姿にピンときたら、勇気を出して声を掛けてみてください。相手はそういった新しい出会いを何よりも喜びます。きっとふたりは意気投合するはずです。

運命の人を手に入れる方法は?

あなたの運命の人は、じっとしていることが得意ではありません。きっと今もこの広い世界のどこかで、情熱を持って走り続けていることでしょう。だからあなたも、のんびりしている暇はありません。家と会社の往復の日々では、相手はなかなか、あなたを探し出すことができないのです。

 

あなたも思い切って人生にチャレンジ精神をもって取り組んでみませんか? あなたの発する「頑張っています」オーラこそ、運命の人があなたを見つける手がかりになるのですから。

オフェリア・麗のアストロロジーメッセージ

あなたは本来、行動力もあり、自分の進むべき道を知っている人です。きっと過去には、自分の運命の人だと思える出会いを、いくつか経験したことがあるはずです。

 

もし今、自分から行動することを恐れ、自分の魅力を信じることができないのだとしたら、それはとても悲しいことです。あなたの屈託のない明るさ、弾けるような元気の良さ、シンプルな生き方は、しょんぼりと影を潜めてしまっていることでしょう。

 

私はあなたが、「運命」の力を信じることのできる人だということを知っています。しかしそれは、眠っている間に頭の上に降りてくるものではありません。「運命」とは意志の力です。欲しいものを明確にし、手に入れる努力をしてこそ、引き寄せられるものなのです。純粋な心が発する導きを信じ、歩き出す勇気を持つことで、必ず運命の人との出会いが訪れるでしょう。

もう一度この鑑定を占ってみる

▼次はこの記事を読んでみる?▼

【結婚】のおすすめ記事はこちら

乙女座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
獅子座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
蟹座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
双子座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
牡牛座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢
牡羊座用:人生年表−恋人を得られる年齢、結婚する年齢、仕事で成功する年齢

恋の悩みにオススメの記事恋の悩みを解決♦オススメの記事恋の悩みにオススメの記事

現在進行形で恋に悩んでいるあなたにオススメ!「片思いを終わらせたい…」「あの人と結婚したいのに…」「誰にも話せない悩みがある」そんな女性に向けた記事を紹介します。
あなたに相応しい人…最後の恋をする相手とは?
出会い占い | あなたに相応しい人…最後の恋をする相手とは?
あの人で間違ってない?~熱視線の相手との恋愛~
恋愛占い | あの人で間違ってない?~熱視線の相手との恋愛~
恋愛トラブル回避! 二人の恋には何が待ち受けている?
恋愛占い | 恋愛トラブル回避! 二人の恋には何が待ち受けている?
彼氏ができない理由が知りたい!~真実の愛を見つける準備
恋愛占い | 彼氏ができない理由が知りたい!~真実の愛を見つける準備
恋の決着! あの人を想い続けるべき?、それとも忘れるべき?
恋愛占い | 恋の決着! あの人を想い続けるべき?、それとも忘れるべき?

この記事に関するキーワード

ページトップへPAGE TOP